1. ホーム >
  2. ライゼボックスの特徴 >
  3. 便利な設計・設備が特長!

使いやすい設計・設備が特長!

ライゼボックスは、さまざまな用途に利用できるトランクルームです。設計・設備においても、お客様の利便性や快適さが追及されています。
ここでは、ライゼボックスの部屋の構成や棚の設置、荷さばきスペースについてなど、設計や設備の特長をご紹介しましょう。

本当に必要な大きさの部屋が見つかる!
多様なルーム構成

ライゼボックスには、広さが同じでも間口が広くて奥行きが短め、間口は狭くて奥行きがあるなど、広さの違いだけではなく多様な部屋が用意されています。同じ畳数の部屋でもレイアウトが異なるのです。
家で普段使わない荷物をたくさん保管したい、思い出の品を大事にしまっておきたい、棚も使って備品庫のように使いたいなど、異なる目的や荷物の量に合わせて、最適な部屋が選べます。

各部屋に専用の棚あり!
高さもあるから、省スペースで多くの荷物がしまえる

各部屋には、荷物の整理に便利な棚が付いています(一部、棚のない部屋もあります)。備え付けの棚以外に自身で棚を持ち込んで、両サイドを棚に、真ん中を通路にという使い方もできます。
天井までの高さが十分にあるので、畳数から想像される以上の荷物をしまうことが可能です。

専用荷さばきスペースがあり、
出し入れが便利!

車を使って荷物を運びたい方は多いでしょう。そんなとき便利なのが、荷さばきに使える車寄せスペースです。
店舗のすぐ前に停めて荷物をおろせるので、ほかに場所を探して停めて、荷物を運んで…といった労力が不要です。

※設備、サービス内容等は店舗により異なります